歯並びは矯正で治す

歯並びが悪いとコンプレックスになるだけではなく、機能性に関しても問題が発生します。そこで、悪い歯並びを治すためには矯正治療を受けると良いでしょう。矯正治療には歯の全体をする方法や一部分のみを矯正する方法があるので要チェックです。

【全体or部分】矯正の違いを把握しよう

全体矯正

矯正治療は主に「全体矯正」と「部分矯正」に分けることが出来ます。全体矯正はその名の通り、上下の歯並びを全体的に矯正する治療方法となっています。上下の歯並びに問題がある場合は全体矯正で治療をします。

部分矯正

一方で部分矯正は前歯やすきっ歯など気になる部分を治療したい場合に行なわれます。プチ矯正と呼ばれることも多く、費用や期間をあまり掛けることなくて矯正治療をすることが出来るでしょう。

治療がお手軽!部分矯正で気になる歯並びを治していこう

こんな症状は部分矯正がおすすめ

大阪や茨城には数多くの歯医者が存在しており、色々な治療を受けることが出来ます。歯並びが気になる場合は矯正歯科にて治療が可能でしょう。全体的な歯並びは悪くないけど前歯のずれが気になる、すきっ歯が目立つなどの症状がある場合は部分矯正がおすすめです。

治療のメリット

色々なメリットがあることから、部分矯正を受ける人が増えました。部分矯正は全体ではなくて一部分のみ矯正装置を装着するので、その分費用を抑えることが出来ます。また、装着期間も短くて違和感を感じることも少ないので、気軽に治療することが可能でしょう。

部分矯正でよくあるQ&Aをチェック!

部分矯正が出来ないケースは?

上下の嚙み合わせが悪い、重度の出っ歯の場合は部分矯正が出来ない場合があります。自分で判断するのは難しいため、まずは歯医者に相談してみると良いですよ。

治療費はどのくらいですか?

部分矯正は動かしたい歯1本で大体2万近くは発生します。なお、歯を1本動かしただけで歯並びが良くなるのは難しいため、何本かは動かす必要があります。それも考慮して約30万円が相場価格となります。

なんで治療期間が短いのですか?

全体矯正と異なって、部分矯正は全部の歯を動かすことがないので治療期間が短くなっています。そのため、少しだけ歯並びの悪さが気になる場合は治療を受けてみるのがおすすめです。

部分矯正を目立たせない方法はありますか?

部分矯正でもなるべく矯正装置を目立たせたくない場合は、裏側矯正などの方法があるのでチェックしてみることです。また、マウスピースでも矯正が可能となっています。

子供でも部分矯正は出来ますか?

基本的に子供の場合は、部分矯正を受付けていない歯医者が多いです。子供の歯並びが気になる場合は、全体矯正などを検討してみましょう。